座っているだけで1日ん万円!代理出席業とは?

交友関係が広がり、お偉くなればなるほど、結婚式や葬式、パーティーやイベントに招待され出席しなけれぱならない機会が増えてくる。とは言え身体は1つ。

当然忙しくて出席できない人や、それらのイベントにイチイチ参加したくない人も少なくはない。かと言って、欠席ばかりしていると「アイツは付き合いが悪い」などと誤解を招きかねない。ビジネスに支障を来たす可能性もあるのだ。

座っているだけで1日ん万円?!

日銭が稼げて感謝される、お気楽ビジネス

しかし、本人が出席しなくても、代理人で済む場合もある。

そんなときのために、電話一本で依頼された人に代わり、結婚式・葬式・政治家を励ます会・会社設立パーティー・出版記念パーティー・映画制作発表パーティー・その他イベントに参加するのがこのビジネス、「代理出席業」だ。

代理出席と言っても、内容は簡単。ただ単に依頼者に代わり、各種イベントに出席するだけで手数料がもらえるのだ。

しかも、代理人であるから、通常本人が行くほど気を使うこともなく、中には出席者名簿に名前を書くとか、祝い物を持っていくだけで済む場合もある。

その他、その場所にある程度の時間いるだけでよいものもあるし、イベン トやパーティーで自分の好みのものに当たった場合などは、思いっきりエンジョイすればいい。

しかし、人の代理が商売なだけに、依頼者の名誉を傷つけるような行為は厳禁だ。

よくある仕事としては、葬儀の代理出席がある。通常、結婚式は招待されなければ行かないが、葬式だけは押し掛けてでも行くという場合が多い。日本人の性格上、特に親しくない間柄であっても、とにかく葬儀には顔を出しておかないと義理が立たないからだ。

気になる日当は?

日当はケースバイケース。相手や拘束時間などで変わるが、通常は交通費別で1件1万円〜2万円ある。宴会などで時間が延長するときや夜間などの場合は、割増しを取ることも可能。

仕事の取り方は簡単

さて、仕事の取り方であるが、各種イペント・パーティーに呼ばれやすい人達のところに郵送でダイレクトメールを送り宣伝する。

いきなりEメールを送るのは法律に触れる場合もあるので注意しよう。特に、政治家やマスコミ関係者・実業家などが狙い目だ。

- 目次 -