シロウトならではの競馬生活ノウハウ

久々に会った友人のK。遊び人の筆者から見たら生真面目な彼は、失礼かもしれないが、お金に細かい。そんな彼が競馬をやっていたとは意外だった。しかしよく話しを聞いてみると、やはり競馬に詳しい訳ではなかった。

Kさんの競馬で5万〜10万円稼ぐ、全然意外でない方法

シロウトのKさん、しかし競馬の副業で毎月のように生活費として5万〜10万円ほど(競馬だから波はあるようだ)稼いでいるという。これは面白い!ということで取材させてもらった。

さすがシロウト!発想の原点が違う

レース

競馬の勉強をすればするほど儲かるという話は、実のところ聞いたことがない。

シロウトがまったく別の角度から「金儲け」だけにスポットを当てたからこそ、競馬で儲かっているのかもしれない。そう、彼にとって競馬は夢とかロマンではなく、ただ生活費を稼ぐという感覚らしいのだ。

その彼が一体どうやって馬券を当てて競馬生活を実現しているのかといえば、なんのことはない。予想会社の情報を利用しているというのだ。

しかしそんな儲かるような予想会社が存在するのだろうか?本当に儲かる予想なら、他人に教えないで自分らだけで馬券を買っていればいいはずだ。

「そんなに単純な話ではない」、と彼にバッサリと否定された。「特定の情報に限れば儲かる予想会社はなくもない」と。

ではその特定の情報というのをどのように選別しているのだろうか?まさかたくさんの予想会社の会員になってデータを収集しているのだろうか。

「別に会費を払わなくても予想会社の実力を調べる方法はある。というかお金を使う必要はまったくない。お金は馬券にしか使ってないから(笑)。

無料だから当たる ⇒ そのカラクリとは?

彼によれば、予想会社の「実力」を見分けるには、多くの予想会社がお試しとして公開している「無料情報」を確認することが一番で、実はこの「無料情報」こそ、どの予想会社も一番自信のあるレースなのだという。

しかしなぜ一番自信のある予想をタダで教えてしまうのだろう?

「実力を知ってもらうためであることはもちろん、無料情報が当たってお小遣いが増えれば、もっと増やしたいと思うのが人情。その資金を会費に使って入会してくれるパターンが多いのでは?」と彼は分析する。

そして彼はその「無料情報」の的中実績を集計、おいしい部分だけを利用してプラス回収になっているというのだ。

昨夏は、わずか36点の買目で3連単12万9,910円という大万馬券も的中させたというから、まさにシロウトの域を超えている。

Kから新たな情報が!

ちまたに溢れる競馬情報にはもうウンザリという筆者だが、これには正直食いついてしまった。

競馬指数データという、レースごとに出走馬の能力順を示す指数がいくつかある。なかでも評判の高いある競馬指数データ(データの約半数が無料で利用できる)を使って馬券を買うわけだが、この使い方次第で10万馬券をコンスタントに取れる方法があると、例のKから聞いたのだ。

当然競馬オンチのKでもできる簡単な方法であり、誰がやっても同じ結果を得られるという。以下は2020年、3連単の10万馬券(1000倍以上)の的中例。

2020年(令和2年)
03/14 中京08R 110,900円 的中
03/01 中京11R 120,410円 的中
02/22 小倉11R 138,520円 的中
02/22 小倉02R 242,310円 的中
02/15 小倉04R 128,390円 的中
02/09 京都10R 235,550円 的中
01/25 中山11R 128,750円 的中
01/13 京都11R 176,940円 的中
01/12 京都11R 103,880円 的中
01/06 京都07R 117,580円 的中

実際には10万馬券だけではなく、3万円(300倍)以上の馬券をコンスタントに取りつつ、10万馬券(1000倍以上)を狙うというものだ。詳しい内容が下記のサイトに掲載されている。彼の友人のサイトらしいが、その友人というのは彼とは真逆の馬券名人らしい。

「10万馬券の取り方」解説ページ

- 目次 -